そだてる・みる・よむ

育児とか海外ドラマとか本とか

パワー/ナオミ・オルダーマン

この本はヤバいオブザイヤー金賞👏( ˘ω˘ )(語彙力)
感想ッ!書かずにはいられないッ!
エンタメとしてもフェミニズムSFとしても一種の思考実験としても楽しめて 話の続きが気になるあまりに 積ん読に定評のあるわたしですらイッキ読みしてしまうほど面白かった。

パワー

パワー

 

ある時代から同時多発的に女性だけに鎖骨のあいだにスケインとよばれる器官が発達し、電撃を発することが出来る能力が発現して
男性優位社会から女性優位社会に転換していく混乱を
ターニングポイントから5000年経ってすっかり女性優位になった世界での男性が、歴史小説という体で書くというメタ構造になっている。

主な登場人物は
・ロクシー 目の前で母親を殺されたギャングの娘。っょぃ
・トゥンデ 女性による革命運動を間近で記録する男性ジャーナリスト。イケメン
・マーゴット  政治的な野心を持っている女性市長。負けず嫌い
・ジョスリン パワーが不安定なマーゴットの娘。素直ないい子
・アリー 性的虐待をおこなっていた養父をパワーで殺し新興宗教を立ち上げる少女。謎の声が聞こえるが…?
・タチアナ パワーで大統領である夫を殺しベッサパラという新しい国を作る夫人。成金趣味がすごい

それぞれがそれぞれの思惑で影響しあっていく。
わたしが今まで読んできたり観てきたりして面白かったり興味深いと思ったエッセンスが詰まっていた。

女性がパワーを持つようになり男性を抑圧していくなかで、

わが国に居住する男性はみな、常にパスポートおよび女性保護者の氏名を捺印した公文書を所持するものとします
男性は金銭その他財産を国外に持ち出すことはできません
男性は自動車を運転することができない
男性は事業主となることはできない
男性だけであつまることは許されない
男性には選挙権は認められない

などの法律が制定されるのは間違いなく現実の女性に対する制限のミラーリングになっているし

発掘された壁画の「抑礼」(男性性器切除術 思春期に近づいた男児の陰茎の重要な神経終末が焼き切られる。この処置を受けた男性は女性のスケインによる刺激なしで勃起が不可能になる。また射精のたびに痛みを感じるようになる男性も少なくない)
は今でも行われている女性器切除ミラーリングになっている。

女がパワーを持つようになって以来 ニュース番組に出演する男女の役割がグラデーションのように変化していき 不満を訴える男性は降板させられ 代わりに入ったアシスタント役の若い男性がバカっぽく振る舞うようになったのが生々しかった。

男女逆転させただけでその現象が残酷に思えるなら、いま現実で女たちに行われていることはなんだろう?
男が残酷に扱われるこの作品がディストピアと感じるならば 現在進行形で女たちに同じことが行われている この現実もディストピアなんだろう。


この作品は
【小説】
マーガレット・アトウッド/侍女の物語
村田基/フェミニズムの帝国
貴志祐介/新世界より

沼正三/家畜人ヤプー
【マンガ】
玉井雪雄/オメガトライブ
【映画やドラマ】
Netflix 軽い男じゃないのよ(映画)
Netflix 男らしさという仮面(ドキュメンタリー)
Hulu 侍女の物語(ドラマ)
が好きな人や
普段から男らしさ/女らしさってなんだろう?などジェンダーに関心がある人には特にドンズバだと思われるよ。
Netflixでドラマ化されないかな〜〜(Netflix頼み)

⚠️ネタバレ込みの感想
最強の戦士だったロクシーのスケインが“そうしたほうがいいと思ったから”という父親の考えで無理やり奪われて弟に移植されたシーン、
姉のほうが勉強できるのに姉は家から出してもらえずに家事介護要員にされて 弟の方を大学にいかせるという話や女性天皇制をめぐる問題を連想させた。

投資はじめて物語(準備編)

投資といえばいつも本屋で自己啓発/ビジネス/経済の棚らへんに投資関連書籍があってタイトルが「楽して儲けたいFX!!!!」とか「必ず儲かる不動産!!!」とか人間の欲望がギラギラしてるイメージがあって何となく近寄りがたいエリアだった。

株もどうぶつの森のカブ(毎週日曜の午前中にカブリバが売りに来るやつ)しかやったことなかったし。あと投資って聞くと安愚楽牧場とか円天とか胡散臭いイメージだった。
でも30歳も中盤だしそろそろ本気でお金のこと考えないとやばいかなと思って橘玲臆病者のための株入門 」読んでみた。

臆病者のための株入門

臆病者のための株入門

 

したら株はリスクが多い順に
①トレーディング
②個別株長期投資(投資神バフェット流)
インデックス投資
があるのを知った。で、銀行にスーパー低金利で放置されたままのお金を預金だけじゃなく何かに運用してみようかと思いついてインデックス投資に興味を持ったのがきっかけ。

ちょうど2018年から つみたてNISAという少額投資非課税制度が始まったのでそれにも長期投資はちょうど良さそうだったし。
ちなみに iDeCo(確定拠出年金)も拠出金が全額所得控除になるしインデックス投資向きだと思ったけど、60歳まで引き落としできないのが流動性低くて嫌だった。うちの父親が60歳で亡くなったから自分が60歳まで生きるイメージわかないのかも…

※後日考え直したところ、iDeCoは所得控除で節税になるし 小規模企業共済(自営業にオススメなつみたて式の共済)と違って自分で運用先選べるし つみたてNISAで20年運用するのとiDeCoで25年(わたしは今年35歳になるので60-35=25)運用するのあんま変わらなくね?むしろインデックス運用するなら25年で期間長い方が良くね?と思ったのでiDeCo口座も作ることにした。万が一60までにわたしが死んだらそれまでに積み立てたぶんを配偶者と子に託せるからそれでいいや。これぞ投資死ん託~(˘ω˘ ~)永眠スヤァ…

※よくよく調べたところ、iDeCoは特別法人税(年1.173%で今は凍結されていてだいたい3年ごとに延期されている)が復活して課税される可能性もあって そうしたらせっかく積み立てた年金からごっそり税金として持っていかれる可能性もある。もちろん特別法人税自体が廃止になる可能性もあるけど。満額突っ込むよりは
・所得控除による節税というメリット
・資金拘束リスクと将来的な課税リスク

を考慮してほどほどの額を突っ込むのが良さそうと判断。


次にインデックス投資について勉強しようと「お金は寝かして増やしなさい」を読んだ。

お金は寝かせて増やしなさい

お金は寝かせて増やしなさい

 

ものすごくしかるねこがいいそうなタイトル。お金は寝かせて増やしなさーーーい!!!ฅ^•ﻌ•^ฅ
投資に全く興味なかった頃はタイトルが露骨すぎて手に取らなかったタイプの本。

初心者向きという評判通りわかりやすくて、
アセットアロケーション(投資する配分)が大事で年に1度見直す
・手数料が安いインデックスを選ぶ(ロボアドは手数料が高い)
・リスク許容度を考える(どれだけ損してもいいか。得する可能性が大きい場合は損する可能性も大きい)
リーマンショック級の暴落でも手放さずに買い増しするメンタルが大事
などを学んだ。

さっそく楽天銀行楽天証券でつみたてNISA口座とiDeCo口座を申し込んだ。株入門の本を読んでからここまで1ヶ月。実行に移すまでが色々めんどくさくて大変。あまりのめんどくささに心が折れそうになった。税務署審査が長すぎて国税局に放置プレイされてるのかと思ったくらい。
で、口座開設待ちのあいだに読んでるのが「ウォール街のランダムウォーカー

金融庁サイト「はじめての投資!オススメの一冊」というのにも載っていた。https://www.fsa.go.jp/policy/nisa/20170614-2/45.pdf

とりま投資やるなら読んどけって色んな投資ブログや媒体でオススメされてたので買ったよ。めっちゃ分厚いんで最初から読んで飽きないように、まずは目次みて実践的なところから読んでるとこ。

したら、ちょいちょいあるセックスがらみのエピソードが
例1)78歳の老カップルが性の悩み専門精神科で精神科医立ち会いのもと不倫セックスするのはラブホ代がかからず、医療保険で還付されるから
例2)カーセックスにいそしんでいた不倫カップルの男が女を下にしたまま急に腰がイかれて動けなくなってしまい、車のフレームを切断して救助したところ 女が夫のスポーツカーが台無しになってしまったと取り乱して泣く
とかインパクト強すぎない?😅

とりあえずこんな感じで最近は投資について勉強してます。

フィフティシェイズオブグレイ

「僕と契約してサブミッシブ(従属者)になってよ」フィフティシェイズオブグレイは過去に性的虐待された美しい青年が性のキュウべえになる哀しい話だった。

めちゃめちゃエロくて マミーポルノ(=主に30~40代を中心とした子どものいる女性の間で人気が高い)という評判だったので 自分が30代のマミーになったからにはいつか観てみたいと思っていたところ、Netflixでようやく観ることができた。f:id:burnapple:20180223130427j:image
劇場だとセックスのシーンでモザイクがすごかったらしいけど Netflixはモザイクなかった。ちなみにクリスチャンのクリスチャンは映っていなかった。ちらっとアンダーの毛が映っていた程度。これで全面モザイクって映倫厳しいんだね…

あとセックス場面は クリスチャンがコンドームの袋を口で破くところが無駄にカッコいい。

 

素朴な処女の女子大生アナが若くてイケメンで大富豪でサディストのクリスチャン・グレイにすごく求められる…というあらすじ。まぁ少女コミックにはよくある展開ですな。それを本気で実写化したのが本作。主役が美男美女なので目の保養度がすごい🙏

クリスチャンの契約では クリスチャンがドミナント(支配者)、アナがサブミッシブ(従属者)として 色々な細かい規則が書かれた契約書を手にアナを誘惑する。
規則はセックスの内容だけにとどまらず 睡眠/食事/衣服/エクササイズ/美容 など、日常生活の多岐にわたるもので クソめんどくさい。「急に不機嫌になることがあります」「定期的に褒めると長持ちします」で済んでる西野カナのトリセツがかわいく思えるほど。てかクリスチャンが若くてイケメンで大富豪だから誤魔化されてる感じだけど すごいモラハラじゃないコレ??f:id:burnapple:20180223130448j:image
で、クリスチャンがことあるごとに「僕と契約しないか?」とアナに訊くところが超キュウべえ。ほんとにしつこく何回も訊いてる。
貴重な初版本やらMacのPCやら車やら プレゼント攻撃もすごい。
しかしなかなか首を縦に振らないアナ。クリスチャンと初セックスするまで処女だったとは思えないほど理性がしっかりしているアナ。うまくはぐらかすアナの居場所をどう突き止めるのか 突然現れて “来ちゃった♡”する束縛魔のクリスチャン。(アナにGPSでも埋め込んでるのかな?)アナは処女だったのにも関わらず契約書にアナルフィストをしれっと盛り込む鬼畜なクリスチャン。それを誘惑して焦らしながら項目から削除させるアナ。
契約をめぐる そんな攻防が見どころのひとつ。

 

クリスチャンは15歳から6年間、養母の友人であるミセス ロビンソン のサブミッシブとしてSM嗜好を調教される。友人の息子に手を出すミセス ロビンソン、本当にマジでとんでもない奴だけど クリスチャンは今でもよき友人としてミセス ロビンソンを擁護しているのでストックホルム症候群とも思える。
ストックホルム症候群=加害者と長時間過ごすことで、加害者に対して過度の同情や好意等を抱くこと

アナに鞭打ちしたのは かつてサブミッシブとして性的虐待されたクリスチャンが、今度は自分がドミナントとして振る舞うことによって癒しを得ようとしているようにみえた。虐待の連鎖的な。
クリスチャンに必要なのは契約を結べば快楽のためにという名目でなんでも受け入れてくれるサブミッシブではなく、自分がされた虐待に向き合う手伝いをするためのカウンセラーだよ。

サブミッシブを探すんじゃあない、カウンセラーを雇うんだッ!クリスチャン!!!
など、視聴しながら色々とモラハラについてや被虐待児としてのクリスチャンの幸せについて考えてしまった。
フィフティシェイズシリーズは全三部作で 第3部ではアナとクリスチャンが結婚してアナが妊娠するらしいんだけど、そんなメンタル不安定なクリスチャンと結婚して妊娠してアナが大丈夫か心配してしまう自分にお節介BBAの片鱗をみた1作だった🤗